MENU

はじめにお薬はおススメしない訳

 

プロペシアやミノキシジルに代表される男性型脱毛のお薬は使用者が多いようですし、こちらも早めに服用を始めることで効果は上がると言われています。

 

ジェネリック医薬品であるフィンペシアやフィナロをネット通販で購入すれば、100錠入りのものでも3,000円前後で購入可能ですから、コストの面でも大変始めやすいのです。

 

しかし、服用するものですから副作用の心配が強いのと、一度始めれば毎日飲み続けなくてはならないという制約も発生するところが、お薬を使う上でのデメリットです。

 

脱毛が始まったばかりだからこそ早めに医薬品で対処したいという方もいるでしょうし、間違った判断ではないと思いますが、どこかでもう少し自分の力で頑張りたいと考える気持ちもあるのではないでしょうか。

 

とは言えやはり脱毛を自分だけの力で食い止めるのは難しいものです。

 

だからこそ、脱毛を積極的に食い止めるきっかけとなる育毛剤を早めに使うことが、ここでは一番のおススメ育毛法となります。