MENU

チャップアップとアルコールの関係性

 

薄毛に見舞われると外見にも自信が持てなくなるばかりか、精神的にもストレスを抱えて積極性が失われてしまうこともよくあるもの。しかし薄毛はきちんと原因を突き止め、対策を講じることによって改善できます。とりわけ育毛剤のチャップアップは多くの利用者から支持を受ける人気アイテムと言えるでしょう。

 

こういった育毛剤に付きものなのがアルコールの存在です。アルコールには肌につけることで一瞬だけスッと爽快感が得られる効果がありますが、これは揮発性のためすぐに成分が蒸発していくことから生じるもの。と同時に毛細血管を拡張する効能もあるので、血流量を高めることができます。とはいえ、分量が多過ぎるとこれもまた悪影響が生まれてしまいます。たんぱく質を壊してしまったり、さらには細胞や毛乳頭といった組織にダメージをもたらすことにもなりかねません。

 

育毛剤のチャップアップにもアルコールの一種、エタノールや無水エタノールが含まれています。ただしその分量は極めて少量であり、もちろん毛母細胞や頭髪の成長するメカニズムには問題に影響を及ぼすことはありません。そして、臭いの面でもチャップアップはほとんど無臭に近いので、周囲から気付かれることもないでしょう。